本文へ移動

店頭で感じる季節感

2023-01-23
1月20日に「大寒」を迎え、最も寒い時期になった
北日本や日本海側など豪雪が続き、まだまだ苦労が絶えない
12月下旬の冬至は、昼の時間が最も短くなる時期だったが
今では確かに日が伸びているのを感じる
寒さは本番だけれど、春は確実に歩み寄っているよ♪
太平洋側の地域ではスイセンなどが咲き始めるし
熱海梅園では、梅が咲き「梅まつり」が始まっている
暦の上では、大寒が明けると立春となり春になんだよね
店頭では年末年始の飾り物から、節分の豆まきや恵方巻
バレンタインのチョコレートも色とりどりに並んでいる
季節の移ろいの速さを、店頭で感じつつ
寒い冬が通り過ぎるのを待っているよ (^^ゞ
TOPへ戻る